カナダ・ワーホリ留学費用を節約する5つの方法

カナダ費用

「日本人旅行者はお金持ち」

こんなイメージは今や昔、、、カナダに住んでいると「お金持ち」といえば、中国人や韓国人というイメージです。

街には高級外車を乗り回す若い中国人や韓国人で溢れ、売買される数億の不動産の8割以上が中国人であるという現実。。。

日本人はお金持ちというイメージなんてここカナダにはありません。。。。

むしろカナダに来ているワーホリの日本人はみんな節約生活を送っているイメージです。。。

それもそのはず、ほとんどのワーホリや留学生は自分で貯めたお金でやってきているはず、無駄な出費は抑えたいのがホンネです。

そこで、以下に無駄な出費を抑えてカナダワーホリを楽しむか、考えて行きたいと思います!

無料エージェントを利用する

ひと昔まえまでは、エージェントといえば高い(数十万円!)仲介料を搾取し、留学生の大事な留学予算を蝕む存在というイメージがありましたが、現在では無料で健全な留学エージェントがたくさんあります。

さすがに未だに有料でカウンセリングしているようなエージェントは無いと思いますが、万が一にも有料をうたうようなエージェントを利用する予定の方がいるようでしたら、辞めておいたほうがいいでしょう。

はっきり言ってお金の無駄です!

カナダには無料で質の高いエージェントがたくさんあるのでそちらを利用するようにしましょう!

シェアハウスやルームシェアを利用する

滞在先もひと昔前なら、ホームステイが定番でしたが、今はたくさんの選択肢があります。

ホームステイが悪いとはいいませんが、「節約」というテーマで考えるといいアイデアではありません。

かかる費用で考えるとシェアハウスやルームシェアを利用した方が断然安く済みますし、自炊をすることにより更に費用を抑えることが可能です。

お金を節約したいのであれば、シェアハウスかルームシェアを利用しましょう。

手前みそですが、私たちが管理しているバンクーバーのシェアハウスもおすすめです!

日本でお金を貯めてくる

はじめの数ヶ月の生活費だけ持ってきて、あとは現地で働けばいいや。

そういう考えてカナダに来るワーホリの人たちはたくさんいます。(現に私がそうでした。。)

しかし、カナダで納得のいく仕事が見つかる保証はありませんし、海外で「お金が足りないかもしれない。。」というストレスは半端なものではありません。。。

節約生活をおくるのは当然なのですが、お金の不安を抱えながらの節約生活と余裕をもった節約生活は、まったく異なるものになります!

カナダで稼ぐ、というのはもちろん可能なのですが、1年間を暮らし抜く予算を持って来ていた方が精神的にも快適な生活がおくれます!(経験者談)

 

フィリピンで英語を学んでから来る

ワーホリの方と話をするなかで、フィリピンで数ヶ月英語を学んでからカナダに渡航してくる方がここ数年急増しています。

これはワーホリ生活を節約してかつ快適に送るにはかなり良い選択肢であると感じました。

カナダ英語は訛がすくないからなんとかかんとか。。。なんて英語上級者が語ってもよいセリフです。。

正直、初級クラスの英語学習者にとってカナダ訛もフィリピン訛も関係ありません!

また、まったく話せない状態でカナダにくるのと、少しでも英語に慣れた状態でカナダに来るのとでは、大きな差があります!

多くのワーホリの人たちはここで諦めてしまい、日本人と一緒に住み、日本人の会社で働いてしますのです。。。

安価な費用で基本英語を学び、カナダで実践的なビジネス英語を学ぶ。など適材適所で英語を学ぶのがいいでしょう。

オンライン英会話で英語を学んでから来る

こちらも近年増えてきている選択肢です。

先ほどもいいましたが、英語が全く話せない状態で来るのと、少しでも話せる状態でカナダに来るのでは、カナダの楽しみ方が大きく変わってきます。

フィリピンなのかオンラインなのかなんでもいいですが、まったく英語が話せない状態でカナダに来てしまうとはじめの数ヶ月が本当にもったいないですし、英語が通じない衝撃に打ちのめされてしまいます。。(経験者談)

少しでもいいので、英語に慣れた状態でカナダに来ることをおすすめします。

そうすることでワーホリでかかる「英語学習」のコストを飛躍的に節約することができます。

まとめ

カナダワーホリでかかる費用のトップ3は

  • 学校費用
  • 家賃
  • 食費

かと思います。これらをどれだけ安く済ませるかがカギとなってきます。

また、お金が無い!という精神的なストレスもほんとうに無駄です!

せっかく夢を叶えてカナダに来るのですから、無駄なものは徹底的に排除して、快適なカナダ生活を送ってください!