バンクーバー好きは必見!バンクーバーで撮影された海外ドラマ4選|NETFLIX編

カナダブログ

バンクーバーは「ハリウッドノース」と呼ばれるくらい映画制作が盛んなんです!

皆さんが今までに見た映画や海外ドラマも実はロケ地がバンクーバーって事は本当にたくさんあるのです。

今回はNETFLIXでも見える海外ドラマでわたしがおもしろいと思ったバンクーバーで撮影された。海外ドラマを4つほどピックアップしたいとおもいます!

ARROW

イケメンの億万長者が街を守るため、緑のフードを着て弓矢を手に”アロー”として悪と戦うヒーロードラマ『ARROW/アロー』。

バンクーバーのダウンタウンをはじめ、見覚えのある風景がたくさん登場します。

「あ、コールハーバーのあそこだ!」

「あ、チャイナタウンの裏のところだ!」

とバンクーバー好きにはたまらない海外ドラマです。

 

SHOOTER(シューター)

シューターはスティーヴン・ハンターの小説『極大射程』および2007年の映画『ザ・シューター/極大射程』に基づく、アメリカ合衆国のテレビドラマシリーズ。

わたしは、はじめの海の風景の感じで

「あれ?ここカナダかな?」

と当ててしまったくらい、第1話からふんだんにバンクーバーのダウンタウンが登場します。

 

The Returned

小さな町に突如亡くなったはずの人々が姿を現し、その小さな町に焦点を当てて物語は進んでいきます。

『ザ・リターン』は、フランス映画『奇跡の朝(原題:Les Revenants)』(2004年)のドラマ版『ザ・リターン(原題:Les revenants)』(2012年~)のリメイクです。

撮影の舞台はバンクーバーの郊外のスクアミッシュっぽいです。

スクアミッシュ名物の大きな崖?の「Stawamus Chief 」が見えたところで「あっ!」となりました。

緑あふれるカナダの風景が存分に味わえるドラマシリーズです。

 

The 100

遠い未来の宇宙ステーションから地球に降り立った若者たちのサバイバルストーリー。

森の木の感じがいかにもカナダっぽさが感じられます。

 

 

番外編:バンクーバーで撮影しても物語の舞台はたいていアメリカのどこか(泣)

最後に紹介したいのが「Vancouver Never Plays Itself」

バンクーバーは映画やテレビドラマの撮影がとても盛んに行われていますが、いざドラマを見てみると「シアトル」や「サンフランシスコ」やアメリカのどこかの都市の場合がほとんど。。

実際わたしも撮影スタジオの周辺で「NY市警」や「LA市警」のパトカーや「US POST」の郵便ポストが転がっているのをよく見かけます。

なぜなのかはまったく不明ですが、それを嘆いた動画が公開されています。とてもおもしろいので是非見てみてください!