シェアハウス利用者の声(Yodaさん)

カナダ生活

名前

よーだ

出身地

神奈川県

出発前日本では何をされていたのですか?

ホテル関係の仕事をしていました。

カナダに来たきっかけは?

カナダの前にはオーストラリアのワーキングホリデーも利用して1年滞在していたことがあったので、
今度は北米の方に行ってみたいなということで同じワーキングホリデーがあるカナダに渡航を決意しました。

シェアハウス探しのきっかけは?

ゲストハウスや、ホステル、一人で借家を借りて滞在するよりもコストの面でいいということが一つと、
オーストラリアでの経験からそこで生活を共にするシェアメイトは自分と似ている境遇の人もいれば、似ていない境遇の人も、たくさんの種類の人に会えて、そこでお互いの木が会えばこれからも長い間繋がっていくし、そうやって交友関係もぐぐっと広がり、同時にインターナショナルな感性も身につけることができるという、自分のやり方、携わり方次第では一石二鳥どころか一石三鳥にも四鳥にもなることを知っていたのでそこに魅力を感じ、今回もシェアハウスを利用しようと考えました。

ここに来た理由は?

最初は家の雰囲気や、住んでいる人の雰囲気を最初に見ていつも滞在先を決定するのですが、
マサさんが紹介してくれたシェアハウスにはいい人が集まる気みたいなものを感じたので住んでみることにしました。

実際住んでみてどうでしたか?

予想通り、僕が住んだシェアハウスにはどの人も、どこの国籍の人もいい雰囲気を持っていて、楽しい時間を共に過ごすことができました。気づくと、バンクーバーでの滞在全ての期間、合計で10ヶ月間同じシェアハウスに住んでいました。
まだ一緒に住んだことのなかった国籍の人とも同じ時間をシェアすることができたのでいろいろな国籍の人とも関わることができ、そしてお互いを理解し合うという環境を作ることができたのでとてもいいシェアハウス経験が得られたと思っています。

トラブルや大変だった経験はありますか?

シェアハウスなので、大抵は自分の思い通りにならなかったり、大人数で生活をしているので、気づくと家がすぐ汚くなってしまったり、そういう問題はありましたが、お互いが認め合って、程度の軽いものには妥協して、許し合うことでそういう小さな問題のことにはあまり目が向かないようになっていました。そこらへんはどこの国籍云々ということではなく、人間なので気にくわないことの一つや二つは出てくることは間違いありませんが、シェアハウスでたくさんのルームメイトと暮らしていくうちに「みんなと一緒に生活していて楽しい!!」という気持ちの方が大きく生まれ、そんな些細なことは気にしないようになっていると思います。

休日はどのように過ごしていますか?

大体はルームメイトと遊びに出かけたり、バンクーバーで楽しめるアクティビティなど、いろいろなことをしていました。
人によって持っている趣味や好きなことも違うので新しいことにも自然に触れることができ、自分の中でも新発見や、面白いことを自然に発見していたりして、遊びの中でたくさんの学びがありました。

メリットデメリットオススメのポイントは?

メリット:
・多国籍でいろいろな文化を肌で感じることができる点
・Life-longの交友関係を作ることができる点。
・ちょっとやそっとのことでは取り乱さない精神を手に入れられる点。
など

デメリット:
・食器や、洗濯機など共用の物が自分の希望時間に使えない場合がある点。
・掃除やゴミ捨てなどの役割分担を決めないとすぐ家が汚くなる点。
など

出発前と比べてご自身はどのように変わりましたか?

自分が変わったなと思う点として、シェアハウスを長く利用するにあたって、
何か嫌なことがあったときでもそういうものだと他人を許す心ができているなと感じたことです。
みんながみんな違う国で生活をし、成長しているので、自分の常識が相手の常識でないことなんて当たり前に起きます。
そういう時に相手を許してあげる心を持っていないとなかなか成長できませんよね?
そういった心の持ち方、スタンスをシェアハウスでは多くを学びました。

今後のお仕事は?

未定

最後にメッセージ

大きな一歩を踏み出そうとして踏み出せない人へ、
その一歩は踏み出す前は大きく感じるかもしれませんが、踏み出してみたら案外小さな一歩だったということがわかるはずです。
まずは怖がらず一歩踏み出してみましょう。シェアハウス住んじゃいなよ!!