カナダのSIMカード

スポンサーリンク
カナダのSIMカード

カナダSIMカード|電話番号は必要か?データのみプランで大丈夫?

カナダのSIMカードで電話番号って必要? カナダのSIMカードを探すときに大きな分かれ道になってくるのが、 ・電話番号は必要か? ということ。 カナダに長期にしろ短期にしろ滞在する場合に絶対に必要になるのが携帯・...
カナダのSIMカード

【コスパ最強】カナダSIMカードおすすめ(5GBで月45ドル)

カナダ滞在10年以上の筆者が、コスパ重視の今カナダで一番オトクな携帯SIMプランを紹介。お得なプランが登場し次第、随時更新していきます!
カナダのSIMカード

ワーホリに持っていく物リストのホントとウソ|経験者が語る本当に必要な物リスト

カナダにワーホリしたのは約10年くらい前になってしまいました。。。 現在はカナダ生活も小馴れたものですが、当時のぼくはあれやこれやと無駄なものを持ってきていたと思います。 ワーホリに持っていくものリストはいろいろ他のサイトでも紹...
カナダのSIMカード

カナダワーホリを格安でするためにできる6つの節約法

格安というのは金銭的に安くついた。 という意味もありますが、コストパフォーマンス的な意味もあります。 同じ10万円を使って語学学校に行ったとしても、超初心者の授業と上級者の授業は違います。どうせ10万円払って学校にいくの...
カナダのSIMカード

後悔しないワーホリにするために行く前にやっておくこと準備リスト

これからワーホリに行こうと思っている人。右も左も分からない海外生活の始まりです。 到着してからの1週間はぼくも覚えてないくらい、めくるめく毎日だったと思います。 なので、日本で出来る準備、できることはすべてやっておきたい...
カナダのSIMカード

【フリーWiFi最高】カナダのネット・Wi-Fi環境について|バンクーバーは無料WiFi完備

カナダに行こうと思ってるけど、カナダのネット環境ってどんな感じなんだろう。 普通に生活するのにインターネットって絶対必要不可欠なものですよね。 ぼくもネットがなかったら発狂して、なにも出来なくなっちゃうと思います。 ここで...
カナダのSIMカード

【1年で50万円】格安ワーホリ費用 勝手にシュミレーション

カナダワーホリを格安でしたならば、どのくらいで出来るのか。 カナダ在住10年の僕が、いままで出会った人たちの格安アイデアとぼくの今の知識を総決算してワーホリに来たとしたらどのくらい安く、格安でやったとしたら、1年間をいったいいくらぐら...
カナダのSIMカード

ワーホリ中に日本の携帯はどうしたらいい?費用を節約する方法【格安SIMの最安プランで放置がベスト】

海外留学したり、海外赴任したりするときに気になるのが携帯電話のことですよね。 今や携帯なしでは、生きていけないって人もいるくらい、生活する上で不可欠なアイテムのスマホですが、海外で生活する上ではさらに不可欠な存在になります。 ...
カナダのSIMカード

【1ヶ月35万円〜】カナダ短期留学の費用まとめ

カナダへの語学留学の簡単な方法といえばワーキングホリデーが有名ですが、短期で留学しに来たって人もかなりたくさん会います。 特にバンクーバーの夏はめちゃめちゃ過ごしやすく、日本も夏休みってこともあって多くの日本人がカナダに短期留学でもし...
カナダのSIMカード

カナダワーホリの費用【1年間まとめ】

カナダワーホリの費用について 今カナダワーホリの費用ってどのくらいの感じで紹介されてるんだろうっとふと思って検索してみたんですが、 「カナダ 留学 費用」って検索したときにでてくる情報って留学エージェントや留学関係のメディアが書いた...
カナダのSIMカード

カナダ・ワーホリ留学費用を節約する5つの方法

「日本人旅行者はお金持ち」 こんなイメージは今や昔、、、カナダに住んでいると「お金持ち」といえば、中国人や韓国人というイメージです。 街には高級外車を乗り回す若い中国人や韓国人で溢れ、売買される数億の不動産の8割以上が中国人であ...
カナダのSIMカード

ワーホリに必要な費用はいくらか?3ヶ月学校&半年働く(普通の暮らし編)

航空券 往復:10万円 まずは必ず必要になってくるのは航空券の費用。これは時期によって大きく変動するのですが、個人的におすすめする。春か秋にカナダにワーホリした場合の航空券の費用です。 家賃 1年間=65万円 カナダの家賃もホーム...
カナダのSIMカード

バンクーバーで一人暮らしの1ヶ月の生活費(ワーホリ節約編)

カナダの物価は日本に比べると比較的高いと言われています。私の感覚ですと、特に家賃、食費が日本に比べて特に高いと感じてます。レストランなどにいくと日本にはないチップも払わないと行けないので、普通にランチを食べるだけでも費用が$10ドル以上は余...
スポンサーリンク