【カナダSIM】日本でSIMカード購入、カナダ到着後すぐ使える

カナダのSIMカード
  1. カナダのSIMカード
  2. カナダSIM料金は最安値クラス
  3. カナダ格安SIMの比較表
  4. カナダのSIMを出発前に入手しているので、着いたらすぐに使える。
  5. カナダ携帯大手「Telus」の回線を使っているから安心
  6. カナダ現地で日本語対応
  7. カナダトクモバSIM開通までの手順
      1. 支払い方法について
  8. 長期(ワーホリ・留学)でカナダに滞在する方へおすすめのSIM
  9. カナダの携帯SIM事情について
  10. カナダで使える携帯電話の種類
    1. カナダのSIM会社について
      1. 3大メジャー
        1. Bell
        2. Telus
        3. Rogers
      2. カナダの格安SIM会社
        1. カナダトクモバ
        2. lucky mobile
        3. koodo
        4. Chatr Mobile
        5. Virgin Mobile
        6. fido
        7. Freedom Mobile
        8. Public Mobile
        9. 7-Eleven SpeakOut
      3. 他にもたくさんの携帯SIM会社が
  11. 【おすすめ】カナダ用のプリペイドSIMを日本で購入して行くと、到着後すぐに使えます。
  12. プリペイドSIMを日本からアクティベートする方法(MOST SIMの場合)
    1. STEP1.専用サイトで必要事項を入力してください。
    2. STEP2.到着後は、そのまま利用可能
  13. カナダに滞在中に日本の携帯番号はどうするか
    1. 日本での番号をキープしておきたい
      1. 1.携帯各社のの番号保管サービスを利用する
        1. docomoの場合
        2. auの場合
        3. softbankの場合
      2. 2.【おすすめ】格安SIMプランに乗り換えての最安プランで契約して放置しておく
  14. SoftBankを使っててアメリカに留学する場合は「アメリカ放題」もお得
    1. 日本で事前にプリペイドSIMを入手しておく
  15. まとめ

カナダのSIMカード

ワーホリや留学でカナダに行くんだけど、SIMってどうしたらいいの?

カナダに住んで約10年になりますが、ガラケー時代から、カナダに来る人に聞かれる質問のトップ3には入る質問です。

なので、聞かれるたびに色々調べたりするのが癖になってしまっているのですが、

要は、

  • 料金が安く
  • データ容量が多く
  • 回線スピードが速く
  • 日本語サポート付き

のSIMが一番おすすめということになります。

そんな条件の中で結論を言いますと、

カナダ トクモバ」のSIMが一番オトクなんじゃないかと思ってます。

※カナダ国内の大手から格安SIM会社のすべての料金とサービス内容を比較検討したのですが、この「カナダ トクモバ」一番安くてお得なプランでした。

※カナダ国内にも格安プランは多数ありますが、ほとんどの格安プランが「3G通信(低速通信)」の場合が多いです。この「カナダ トクモバ」は4Gの高速通信なので安心です。

4G通信の中では最安レベルかと思います。

https://canadatokumoba.com/

カナダSIM料金は最安値クラス

携帯プランを選ぶ際に一番気になるのが料金ですよね。

日本の格安SIMなどに慣れている人がカナダの携帯の料金の高さにびっくりするのではないでしょうか?

例えばBellやRogersなどメジャーな会社に正規料金で契約すると、

5GBで60ドル

かかります。

カナダ トクモバ」だと

5GBで45ドル

10GBで65ドルです。

そう、ほぼ同じ料金で倍もギガ数がちがうのです。。。。

ちなみに「Lucky mobile」や「Chatr」などの格安SIM会社も同様かそれよりも安いプランを提供していますが、

これらの回線は「3G回線」なのですごく遅いです。

3G回線は以前は高速回線とされていましたが、すでに4G回線のスピードに慣れてしまっている人はなかなか耐えれるスピードではありません。。。。

安さに惹かれて3Gでもいいや、と思ってしまいがちですが3G回線だけは辞めておいたほうがいいと思います。

トクモバカナダの料金表

カナダ格安SIMの比較表

おすすめ
トクモバ
Lucky MobileKoodofido
料金例5GB/$45
10GB/$65
4.5GB/$40
8GB/$50
4GB/$55
10GB/$75
5GB/$60
10GB/$75
回線高速4G
(Telus)
低速3G
(Bell)
高速4G
(Telus)
高速4G
(Rogers)
事務手数料なしなしあり
(35ドル)
あり
(35ドル)
最低利用期間なしなしありなし
日本語対応ありあり
(解約は英語)
あり
(解約は英語)
なし
(すべて英語)

カナダのSIMを出発前に入手しているので、着いたらすぐに使える。

以前なら、カナダに着いたら最初の関門が携帯の契約でした。

到着してすぐに慣れない街の携帯会社をGoogleMap無しで探しだし携帯を契約するのは、海外初心者にとっては難易度が高いものでした。

とにかく携帯がないと始まらないので、適当に言われるがままに契約している人もたくさんいました。

カナダ トクモバ」ならSIMを日本で購入しているので、到着した飛行機の中でSIMを差し替えて、そのまますぐに使えます。

これなら、空港からステイ先などへの移動もGoogleMapなどを使って迷うことなく行くことができますよね。

カナダ携帯大手「Telus」の回線を使っているから安心

カナダにもdocomo,au,ソフトバンクなどのようにメジャーな携帯会社が3つあります。

「Telus」「Rogers」「Bell」の3つなのですが、「カナダ★トクトクモバイル」が利用する回線は「Telus」のもの。

上の3つの回線でどこか一つが特に優れているというわけではありませんが、「カナダ トクモバ」が利用する「Telus」は

・利用者数カナダNO.1

・人口カバー率カナダNO.1

を(僅差ではあるものの)を長年キープしています。

なので、回線の安定度は問題ないものと思われます。

もちろん4G(LTE)回線なのでスピートも全く問題ありません。

先述しましたが、カナダの安い携帯プランは3G回線を使ったものがありますので、注意が必要です。

カナダ現地で日本語対応

カナダの携帯を使っていて一番困るのが、「解約手続き」です。

カナダの携帯プランをキャンセルする場合は「電話のみ」のところが多く、

実際の店頭に行って「解約したい」といっても店舗の電話を使って自分でキャンセル作業をしないといけないところが多いです。

英語に問題がなければいいのですが、英語に不安がある場合は実際にキャンセルされたのがどうか不安になるときがあります。

実際に「解約(Cancel)」したつもりが間違って「休止(Stop)」になってしまい、最低月額料金だけ延々と請求されていたって話も聞いたことがあります。

「カナダ★トクトクモバイル」は実店舗はありませんが、LINEやメールで日本語で対応してもらえるのでイザという時に安心ですよね。

まあ、基本的には問題ないのでサポートのお世話になることはほぼ無いと思いますが、やっぱりバックに日本人がいると安心は安心ですよね。

カナダトクモバSIM開通までの手順

1.日本でSIMを購入する(カナダでも購入可能)

まずは日本でSIMを購入します。今の所 と などで購入可能のようです。

届くまでに 日ほどかかるのでギリギリにならないように注意しましょう。

2,SIMを受け取る。

無事SIMが届く

3.SIMの利用開始日を設定する。

「どちらの都市へ渡航されますか?」

カナダは日本同様に

バンクーバー周辺なら604や778、トロントだったら416など

都市によって市外局番があります。

もちろんどの都市に行ってもSIMは使えますが、

なるべく長く滞在する予定の都市を指定しておきましょう。

私もバンクーバーに住んでいまるが、

604や778以外の携帯番号を聞くと「おっ?!」となります。

「いつからサービスを開始しますか?」

支払い方法について

支払い方法はクレジットカードのみみたいです。

カナダに来る場合は必ず日本でクレジットカードを作っておくことをおすすめしますが、

どうしてもクレジットカードが作れない場合などは

コンビニなどで売っている「VISAやマスターカードのギフトカード」でも支払い可能のようなので、

クレジットカードが手元になり場合は、

SIMが届くタイミングまでにコンビニなどで「VISAギフトカード」を購入しておきましょう。

カナダ トクモバ

https://canadatokumoba.com/

長期(ワーホリ・留学)でカナダに滞在する方へおすすめのSIM

カナダに長期滞在する方におすすめの方法は

日本でカナダのプリペイドSIMを買って持っていき、しばらく過ごしてお得なキャンペーンを見つける

です。

カナダでSIMを申し込むときに基本的におすすめなのが日本でもある「格安SIM」なのですが。※日本のdocomo的なメジャーな会社だと1ヶ月70ドル80ドルかかります。

この格安SIMと呼ばれるカナダの携帯会社もいくつかあるのですが、値段的にも内容的にもどこもほとんど変わりありません。なのでたまにというか頻繁に各社がキャンペーンをうってきます。

このキャンペーンは期間やプランの内容などはかなりバラバラですが、これがなかなか侮れないキャンペーンで、

キャンペーン(割引)期間中に申し込まないと絶対損!

ってレベルです。

実際に今まで見てきたキャンペーンだと

通常時のプラン:データ3GB、通話500時間=50ドル

キャンペーン適応プラン:データ6GB、通話無制限=50ドル

と同じ50ドルでも全く違う内容になってしまってます。ここまでいいディールがいつもあると限りませんが。。。

また、ある時期にはf社のほうが安くて良いプランだったのに、またある時期にはV社のほうが良くなったりもします。

また、代理店などによっても違ったキャンペーンを行っていたりするのでなかなかその時期に一番いいキャンペーンを見つけるのは難しいですが、なにかしらはやっているはずです。

少なくともキャンペーンなどを行っていない、通常の割引なしのプランで年間契約してしまうよりもいいかなと思います。

また、もし語学学校に通っていたりすると「学生割引」みたいなプランも用意されている場合もありますのでやっぱりちょっと様子を見たいところですよね。

カナダの携帯SIM事情について

電話を発明した国、カナダ。さぞかし電話代も安いのだろう。。

と思ったのもつかの間、カナダに到着して携帯ショップにいって、携帯代の高さにびっくりした人も多いのではないでしょうか。

日本では格安SIMなるものが登場し、データ通信のみであれば数百円でSIMが持てる時代にカナダではたかだか数GBのデータ通信プランが70ドル、80ドルしてしまいます。。。

毎月かかる固定費だけになるべく節約したい、、かといって携帯を持たないわけにはいかない。

たまにスマホなし!で1年間乗り切るワーホリの人も見かけますが、右も左もわからないカナダでスマホなしで過ごすには難易度が高すぎますよね。。。

道に迷ったり、バスのルート、時間を調べるのにGoogleマップも使いたいし、インスタ映えする景色や町並みがあるとアップしたいし、分からない単語もすぐに調べたいですよね。

カナダで使える携帯電話の種類

ここではまずカナダで使える携帯電話の種類について紹介したいと思います。カナダで携帯を利用しようと思うと以下の方法が考えられます。

  • 現地(英語)の携帯会社の月額プランを利用する。
  • 現地(日系・日本語)の携帯会社(代理店)の月額プランを利用する。
  • 現地でプリペイドプランを利用する。
  • 日本からプリペイドプランを購入して利用する。

みたいな感じになると思います。

一番のオススメは「現地(英語)の携帯会社の月額プラン」なんですが、契約が英語ということでバードルがちょい高めなのかなと思います。(実際はめちゃめちゃ簡単です!クレジットカードさえあればマクドナルドでハンバーガーを注文するノリで行けます。)

で、結構な数の日本人が現地の日本語の携帯会社で契約をすると思うのですが、控えめに言っても高いです。。

日系の会社らしくスタッフの対応も親切で、サービスも最高なので、
もっと安いプランを扱ってくれてれば、何も考えずにそこ行っとけ!って言えるのですが、いかんせん少し高いんです。。。

日系代理店のプラン:データ4GB + 通話し放題 = 90ドル

現地の格安プラン:データ5GB + 500分通話 = 58ドル

現地の格安プラン:データ10GB + 500分通話 = 85ドル

通話については、おそらくほとんど利用しないと思いますので、月に500分も話さない人がほとんどだと思います。むしろデータ量のほうが重要で、日系で同じ90ドルを払うのであれば、現地の格安プランで倍以上のデータ通信が使える計算になってしまいます。。

基本的に日系の携帯代理店は現地のメジャーキャリアである(Bell, Rogers, Telus)の販売代理店である場合がほとんどです。※日本でいうドコモ、au、ソフトバンクの様な感じ。

カナダには日本と同様に「格安SIM」と呼ばれるジャンルが存在します。※日本で言うマイネオやLINEモバイルのようなもの。

上記で比較したプランもこの「カナダ版格安SIM」のプランです。

筆者もカナダに来た始めの数年はBellやRogers(日本のドコモ、auに相当する)で契約してましたが、この格安SIMの存在を知り、すぐに変更しました。違いは、というと正直まったく感じません。通信速度がちょっと落ちる、とか言われたりしますが5年以上利用してその違いを感じたことは一度もありません。。。。

契約はすべて英語で行うため、カナダに来たての人にはすこしハードルが高いと思いますが、1年カナダにいるとしても、年間で300ドル以上の違いになってきます。

契約自体は10分もかからないので、まずは販売店に飛び込んでみてください!販売店は街を歩いているとちょくちょく目にしますし、ショッピングモールなどに行くと必ず2,3店はあります。下に紹介している会社のロゴがあるショップがそうです。

おすすめは、あとでも紹介しますが、まずは日本でカナダ版のプリペイドSIM(10日〜1ヶ月分くらい)を購入して持っていきます。

1ヶ月もすれば先に来ている友人or多少英語が話せる友人ができるので、その人に付き添って現地の携帯ショップで契約する!

です!その友人がすでに現地の格安SIMを利用しているのであれば、同じ会社で契約すればいいと思います。格安SIM会社であれば料金はそこまで変わりません。

カナダのSIM会社について

メジャー格安SIM
 BellLucky mobile(3G回線)
Virgin Mobile(4G回線)
 RogersFido Mobile(4G回線)
Chatr Mobile(3G回線)
 TelusKoodo Mobile(3G回線)
Public Mobile(3G、4G回線)
カナダ トクモバ(4G回線)
 Shaw Freedom Mobile(4G回線:独自の電波)

3大メジャー

Bell

カナダで一番古い電話会社です。ケベック州モントリオールに本社を置き、カナダ東部を中心にカナダ全土でサービスを展開しています。

日本でいう「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のうちの一つと思ってください。

ちなみにこういうのって経済学てきにも基本的には3つ巴に競合させるのがバランスがいいって言われていますよね。

ちなみに電話を発明したのも「ベル」ですね。

Bellは私もかなり長い間使っていた記憶があります。

電波状況もかなりよく、路面店みたいな店もたくさんあるので安心です。

Telus

こちらもカナダの3大メジャーのうちの一つです。

こちらも基本的には家の電話を起源とする会社です。携帯SIMの他にもケーブルテレビやインターネット回線もあります。

インターネットやテレビを契約すると懐かしの電話のジャックからインターネットが繋がります。

「Shaw」という同じくテレビとインターネットを販売している会社があるのですが、こちらはケーブルテレビの配線からインターネットの回線が繋がります。

Rogers

こちらもカナダの3大メジャーのうちの一つです。

オンタリオ州トロントに本社があります。Rogersスタジアムの名前でも馴染みがあるかもしれません。

こちらはFidoの親会社としても有名ですね。

カナダの格安SIM会社

カナダトクモバ

今一押しの格安SIMです。

  • 料金
  • 速度
  • 品質
  • 日本語対応

どれをとっても他社よりも頭一つ抜けていると思います。

大手Telusの4G回線を利用した格安SIMなので、高品質の電波を安く利用できるところがメリットです。

カナダのSIMカードならトクモバカナダ
トクモバはカナダ最安値クラスの料金で気軽にSIMを利用できるサービスです。出発前に準備できるから、 カナダ到着後、スムーズに携帯が使える!メール、LINE@で安心の日本語対応!カナダ現地でトクモバに関するサポートに対応しています。
lucky mobile

ここ最近よく見かけるようになった「Lucky mobile」ですが、

こちらBellの3G回線を使った低速プランとなりますのであまりおすすめできません。

一昔だったらなんとかなったかもしれませんが、4Gが普及してこれから5Gだというときに流石に3G回線は厳しいと思います。

koodo

こちらもTelusの4G回線を利用した格安SIMの会社です。

料金はトクモバよりも少し高く、事務手数料が35ドルくらいかかり、最低利用期間が決まっています。

かなり惜しいですが、同じTelusの電波でしたらトクモバのほうがお得かと思います。

Chatr Mobile

こちらも以前はかなり人気の格安SIMでしたが、他社の新しいサービスになかなか太刀打ちできなくなってきている印象です。

あと3G回線なので、その時点で個人的にはなしです。。。

Virgin Mobile

ファンキーな社長で有名なヴァージン・グループ傘下の格安SIM会社です。

通話やデータ通信には上記のBellの電波を利用します。なので通話エリアなどは大手のBellと同じなので安いからといって繋がりにくいということはありません。

こちらもなかなかいいSIMですが、すべて英語なので英語が問題ないひとはいいかもしれません。

こちらも事務手数料はかかると思います。

fido

こちらも価格帯では上のVirginMobileと同じくらいです。

一昔まえなら格安SIMならfidoでした。学生向けに格安プランを展開して発展していった会社ですが、いまとなっては他社の料金に押され気味かと思います。

Freedom Mobile

こちらは以前はWindという会社名でしたが、最近社名が変更されました。

こちらも格安SIMとして有名な会社です。

私も以前はこちらのSIMを利用していましたが、いかんせんエリアが狭い!少し辺鄙なところやビルに隠れると圏外になってしまいます。。。

今でもたまに使っている人を見かけますが、あまりおすすめできません。。

このFreedom  Mobileには悪い思い出がありまして、、、

安い、という理由だけでこのSIMを使っていたのですが、ちょうどこのFreedomが圏外(他のSIM会社が電波は入っている)のときにちょうど歩いていて事故を起こしてしまって歩けなくなったときがありました。。

たまらず911に電話しようと思ったのですが、圏外で繋がらない!!!

激痛で動けないまま道の脇で、ずっと人が通るのを待ってその人の携帯をかりて、やっと救急車を呼ぶことができました。。。

なので、「電波の悪いSIMほど使えないものはない!」と強く思ったトラウマ級の思い出があります!

なのでこのような電波の悪い携帯はすこし避けておいた方がいいと思います。

特にスノーボードやキャンプなどちょっと僻地にいったりする予定のある方は確実に避けておいた方がいいと思います。

プランの内容が魅力的なだけに、非常に残念です。。

Public Mobile

一時期、安いと話題になりましたが、現在はあまり見かけることもなくなってきた感があります。

格安SIMのなかではかなりいい感じのSIMですが、可もなく不可もなく。って感じです。

もちろんすべて英語での対応だし、料金も安いことは安いですが、そこまで安いわけではないですね。

7-Eleven SpeakOut

こちらもガラケー時代にコンビニで買えるプリペイドSIMってことで話題になりましたが、現在はどうなんでしょうか?。。。

ぶっちゃけカナダでセブンイレブンってそんなにないし、ここでSIMを購入する意味はあまりありません。。。

しかもサポートはすべて電話のみなので、すべてが面倒です。あまりおすすめできませんね。。。

他にもたくさんの携帯SIM会社が

上記のほかにもたくさんのSIM会社があります。

【おすすめ】カナダ用のプリペイドSIMを日本で購入して行くと、到着後すぐに使えます。

月額契約するのであれば、上記の2つがおすすめなのですが、実はもっとおすすめの方法があるんです。

携帯ってカナダについたらすぐに使いたくないですか?

実はカナダに着いたらすぐに使える”プリペイドSIM”ってのが日本のamazonで売ってるんです。

日本のamazonで事前にSIMカードを購入して、日本から事前にアクティベートしておけば、空港に降り立った瞬間に携帯が利用可能なんです。

このプリペイドSIMの1週間分とか15日間分とかを買っておけば、カナダに着いてすぐにバタバタする必要のないのでかなり安心ですよね。

5GBのデータでこの値段だったらそんなに悪くないと思います。何枚か買っておけば、短期留学だったらこれだけで十分かもしれませんね。

アメリカでも使えるのでカナダ滞在中にアメリカに行く予定の人にもおすすめです。

プリペイドSIMを日本からアクティベートする方法(MOST SIMの場合)

amazonでプリペイド携帯(SIM)を購入したら、日本からWebサイト経由で事前に申し込む必要があります。

STEP1.専用サイトで必要事項を入力してください。

アクティベートはこちらから: https://open.mostsim.com

手続きは日本語での指示に従うだけなので簡単です。

希望の開通日や利用する機種の情報などを入力したら確認メールが届きますので、出発日になるまでそのまま待ちましょう。

登録した希望の開通日から自動で開通します、その開通希望日にメールで電話番号が送られてきます。

STEP2.到着後は、そのまま利用可能

到着後は、手続きや設定などは必要なく、そのままご利用いただけます。(機種によって稀にAPN設定などが必要な場合がございます。)

プランは最終日の23:59:59 (太平洋標準時間)に自動で終了します。

注意. SIMカードには有効期限がるのでカード購入後90日以内にアクティベーションを行ってください。

 

カナダに滞在中に日本の携帯番号はどうするか

海外に長期滞在する場合、日本の番号をどうするのか、ってかなり悩むテーマだと思います。

長期で日本を離れてしまうのであれば、個人的には解約してしまうのがおすすめなんですが、

自分の携帯番号に愛着があったり、日本に帰国して再度新しい携帯番号をみんなに知らせるのがめんどくさい、って人は海外に滞在している間、日本の番号をキープ、保管しておく必要がありますよね。

日本での番号をキープしておきたい

1.携帯各社のの番号保管サービスを利用する

docomoの場合
  • 事務手数料:1000円(初回のみ)
  • 電話番号保管料:月額400円
  • メールアドレス保管料:月額100円
  • 最大3年
auの場合
  • 事務手数料:2000円(初回のみ)
  • 番号保管料:月額372円
  • 最大5年
softbankの場合
  • 事務手数料:3000円(初回のみ)
  • 番号保管料:月額390円
  • 最大5年

2.【おすすめ】格安SIMプランに乗り換えての最安プランで契約して放置しておく

個人的にはこの方法が一番安くて、安心なんじゃないかなとおもいます。

docomoなどの大手の携帯会社と契約しているのであれば、 LINEモバイルなどの格安SIMに乗り換えて、一番安い通話プラン 契約しておいてそのまま放置しておくって方法です。

LINEモバイルの最安プランだと1000円くらいで済みます。

たまに日本に帰るかもしれない人とかには、特にこれがおすすめです。普通に使える状態での放置なので、一時帰国した際も問題なくつかえるのがメリットです。

また、 LINEモバイル は国際ローミングも無料で可能(通話料はかなり高い)ので、着信やSMSの受信とかはしたいって人にもおすすめです。

あとでなにかしらの返信をすれば日本の携帯番号でしか繋がっていない人ともつながりをキープできますよね。

SoftBankを使っててアメリカに留学する場合は「アメリカ放題」もお得

基本的には海外で携帯を使う場合は現地のSIMを利用するのがセオリーなのですが、もしあなたがSoftBankを使ってて、さらにアメリカに留学にいくのであれば「アメリカ放題」というプランもあります。

日本で事前にプリペイドSIMを入手しておく

ついた瞬間に携帯を使いたい、とか事前に全部用意しておきたい、って人は日本のアマゾンで買うことができます。

【カナダSIM】日本でSIMカード購入、カナダ到着後すぐ使える
カナダのSIMカード ワーホリや留学でカナダに行くんだけど、SIMってどうしたらいいの? カナダに住んで約10年になりますが、ガラケー時代から、カナダに来る人に聞かれる質問のトップ3には入る質問です。 なので、聞かれるたびに色...

費用もそんなに変わらない場合もあるので、ついてから色々すんのは面倒くさい人はこれらのサービスを利用するのもおすすめです。

まとめ

海外生活と携帯電話はきっても切り離せない関係ですよね。

現地にいってしまえば現地での情報収集が必要だとおもうのですが、

日本を出国するまえの準備だけは怠らずにやっておきましょう!

SIMフリーのAndroid携帯本体は現地でも売っていたりするので現地で買ってもいいと思うし、

特にSIMフリーのiPhoneを新しく購入する予定の人は絶対に現地でゲットしたほうがおすすめですよ。海外のiPhoneはカメラのシャッター音をオフに出来るから

また、今現在、大手キャリア(docomo, au, SoftBank)を使ってる人は絶対に LINEモバイル などの格安SIMに乗り換えて最安プランにしておいてください!

 

では、よき海外スマホライフを!

この記事を書いた人
camp

カナダに留学、移住したい人たちのサポートを行ってます。無料で相談できるので興味がある方はメッセージください。

campをフォローする
カナダのSIMカード
スポンサーリンク
シェアする
CAMP