ワーホリのクレジットカード1枚目は「エポスカード」一択|無料なのに最強の海外旅行保険付き

クレジットカード

クレジットカードはワーホリ生活になくてはならないものです。

みなさんも1枚くらいはクレジットカードを持っていると思いますが、ここで紹介する「エポスカード」はワーホリに行く人にとってかなりおすすめできるカードです。
その特徴として、

ワーホリ向けのエポスカードの特徴

  • 年会費が永年無料
  • 最長90日間の海外旅行保険が自動付帯
  • 治療保障が最高270万円
  • 盗難保険付き(不正利用も全額補償)
  • 24時間いつでも日本語での電話相談が可能
  • 最短即日発行できる
  • 海外ATMで現地通貨キャッシング!
  • 比較的審査にも通りやすい

ワーホリに行くならまず「エポスカード」

もしこれからワーホリに行くことを考えていて「エポスカード」を持っていないのであれば「エポスカード」は持っておいた方がいいでしょう。
年会費が永年無料でこれだけの特徴を持ったカードは他にありません。
特にワーホリに行く人には嬉しい

  • 年会費が永年無料
  • 最長90日間の海外旅行保険が自動付帯

のクレジットカードはこの「エポスカード」以外では「REXカード」と「横浜インビテーションカード」くらいしかありません。
特に海外旅行保険についてのエポスカードの特徴として、

エポスカードの海外旅行保険の特徴

  • 海外旅行保険が自動付帯(持ってるだけで保険適応)
  • 治療保障が最高270万円(治療保障付きは珍しい)
  • キャッシュレス診療対応(日本語で24時間電話対応)

が挙げられますが「治療保障が最高270万円」は他の有料のカードと比べても抜群のメリットです。
この様に海外旅行保険の機能だけ見ても持っておいたほうがいいと感じると思います。

「エポスカード」1枚だけでは十分ではありません。

「治療保障が最高270万円」とありますが、
「270万円もあれば十分でしょ」
と思うのは海外の治療費に対しての認識がちょっと甘いかもしれません。
例えばスノーボードで骨折などの大怪我をして手術、入院などすれば余裕で300万円は超えると思われます。
270万円では全然足りませんよね。。。

万全を期すため、他のカードの保険も利用する

幸いなことに、他のクレジットカードの海外旅行保険も合算することができます。
海外旅行保険付きのクレジットカードを複数枚持っていた場合、それぞれのクレジットカードの補償額が合算されます!
ですので、他の海外旅行保険が付いているクレジットカード(例えばREXカード)を持っていたら、補償される金額の合計は以下の様になります。

エポスカードREXカード合算の補償額
付帯条件自動付帯自動付帯
ケガ治療費200万200万400万
病気治療費270万200万470万
事故死/後遺障害500万2000万2000万
賠償責任2000万2000万4000万
携行品損害20万20万40万
救援者費用100万200万300万

死亡や後遺症などは起きる可能性はあまりないと願いたいですが、、
「スノーボードや雪道を歩いていてコケて骨折して手術する」なんてことは十分に起こりうることです。
先程300万は余裕でかかると言いましたが、ひどければ400万500万かかっても全然珍しくありません。
幸いにもぼくの直接の知り合いにはそこまでかかった人はいませんが、スノーボードで激突して血まみれの大怪我をして入院した人は何年かに1度くらいの頻度で出会います。
そんな彼らは、幸いにもクレジットカードの保険ではなく、ちゃんとした「無制限の海外旅行保険」に加入していたので何も問題ありませんでした。

エポスカードはとりあえず持っていて損はないクレジットカードです

ちょっと話がずれてしまいましたが、、、クレジットカードの保険だけではちょっと不安、、、の話は別の記事で紹介するとして。。
エポスカードは「年会費永年無料」のカードですので、持っていてもなにも損はないカードです。
「ワーホリに行くので保険付帯カードが最低でも1枚欲しい」という人には、かなりおすすめのカードです。

この記事を書いた人
やいと

カナダで嫁と子供2人で、まったり生活中。2006年ワーホリ経験者。在宅ワークのフリーランスです。
日本でWEB会社の会社員 → カナダでWeb会社の会社員 → カナダ永住権取得 → カナダでフリーランス。

カナダに留学、移住したい人たちのサポートを手伝ってます。無料でやってるんで興味がある方はメッセージください!

やいとをフォローする
クレジットカードワーホリ・留学
シェアする
CAMP