留学・ワーホリ前の貯金の方法|お金が貯まるおすすめの仕事まとめ

ワーホリ・留学

留学やワーホリに行くにはいろいろ必要になってきますよね。

パスポートだとかビザだとか、、そう!お金ですよね。

海外に留学するにはお金が必要となります。それも割と、まとまった額のお金が必要となってきます。

実際にどのくらい必要になるのかは、どのような留学やワーホリがしたいのかによって変わってきますが、大体一年間で、最低でも40〜50万円、理想は100〜150万円は欲しいところです。

いまそのくらい貯金がある人は問題ないですが、そうじゃ無い人は今からお金を貯めないとダメですよね。。。

ぼくもそうでしたが、「よしっ、海外に留学するぞ!」と思い立ったタイミングでは全く貯金がない状態でした。。。

そこで、自分の体験とぼくがカナダで出会った人たちから聞いた情報から、海外留学する前の貯金できる、おすすめの仕事をまとめてみました。

留学・ワーホリ前の貯金の方法1:実家に戻って在宅ワーク

地方などから東京などに出てきていて、家賃や食費でお金を使ってしまっている人はワーホリ留学にいくまえに、一旦実家に帰ったほうがいいかもしれません。

実際ぼくも、カナダにワーホリに来る前は大阪に一人暮らしをしていたのですが、ワーホリに行くと決めて、会社を辞めたあとにアパートを引き払って実家に帰りました。

かなりカツカツの生活をしていたので、家賃も食費も払ってさらに貯金するっていうのは、ほぼほぼ無理だと感じたからです。

ですが、私の実家はめちゃめちゃ田舎でして、私の職種である「Webデザイナー」の仕事があるはずもなく、在宅のWebデザイナーとして働くことになりました。

当時は「ランサーズ」や「クラウドワークス」なんてものはなかったので、クライアント探しは難航しましたが、前職のツテや友人のサイトの制作などをしてなんとか留学費用を貯めることができました。

そう考えると今は本当にいい時代になりましたよね。。Web・プログラミング関係の仕事はもちろん、在宅でライティングの仕事や、会計事務所経験があれば在宅秘書まで様々な仕事が在宅ワークできる世の中になりました。

ですがやっぱり在宅ワークで一番稼げるのはプログラミング系の仕事なので、いまから オンラインのプログラミングスクール などでスキルを磨いておくことおすすめします。通学する必要がないのでパソコンとインターネットさえあればどこでも学ぶことができます。

また、プログラミングスキルを身に着けていれば、ワーホリや留学に言ってもそのまま在宅で稼ぎ続けることができるのでほんとおすすめです。

また、プログラミングスキルと英語を組み合わせれば、海外に移民することだって可能になってきますので、長期的に考えてもかなりおすすめです。

英語はオンライン英会話がダントツでおすすめです。無料レッスンもあるので留学前に何度か受けておくのは必須です。

 

留学・ワーホリ前の貯金の方法2:定番のリゾートバイト

ワーホリや留学の前にお金を貯める方法として割と有名なのがリゾートバイトですね。

ぼくが住んでるカナダでもワーホリに来る前にリゾートバイトをしていた人は結構会いました。

海、山、温泉地、離島、スキー場など、日本全国のリゾート地に住み込みで働くので「家賃、食費、光熱費」が無料なので、お金が節約できるんじゃないでしょうか。

また、リゾート地には海外からの客も多いため、英語の勉強にもなって一石二鳥でかなり良いお金の貯め方だと思います。

職種はレストランのホール、ホテルのフロント、旅館の仲居さんといった接客から調理補助や清掃などの裏方業務、マリンスタッフ、スキー場などのアクティビティスタッフまで多種多様な仕事があります。

自分の希望に合わせて職種・場所・期間を選んで働けて、 休みの日はその土地ならではのグルメや観光を楽しむことも可能です!

大手だと「リゾバ.com」や「アルファリゾート」などが有名ですね。かなりの数の仕事が紹介されています。

ですがリゾートバイトは時給も安くそんなにたくさん稼げるイメージがないので、あまり贅沢なワーホリ留学は望めないかもしれません。。

 

留学・ワーホリ前の貯金の方法3:ガッツリ稼ぎたいなら寮付きの工場ワーク・期間工

こちらも住み込みのお仕事で寮・光熱費無料なので、無駄遣いをしなければ給料をそのまま貯金にまわすことができます。

リゾートバイトよりも高給な場合が多く、給料以外の収入もあるようなので(例:3ヶ月毎に、21万円の報奨金など)

短期でガッツリ稼ぎたい人にはピッタリだと思います。

3ヶ月働けば 100万円以上貯金する方も結構普通にいるようです。

仕事内容は検品・検査・調整、仕分け・梱包・ピッキングなどの軽作業をはじめ、フォークリフトやクレーンなどの機械を操作する仕事です。

ほかにも女性に人気の食品加工や工場事務の仕事もあります。

工場求人ナビ」で検索するといろいろ載ってますよ。

留学・ワーホリ前の貯金の方法4:治験バイトで稼ぐのもあり

短期でお金を稼ぎたいなら、治験バイトも昔からある方法ですよね。

まだ発売されていない薬の実験台にされるのなんて……というイメージがありそうですが、

薬の試験以外にも、化粧品・サプリメントのモニターの募集もしているので、美容に興味がある方はいいかも。

他にも「薄毛でお悩みの方にAGA治療薬の治験」みたいなものもあるようです。

日本各所で実施しているので、地方の人も全然参加可能なようです。

月1~2回程度の通院タイプの試験や、アンケートに答えるだけのモニター募集もあり、会社勤めの方人でも参加可能なプログラムもあります。

人間ドックレベルの血液検査を実施して無料生活習慣病検診もしているところもあり、留学するまえに無料で検査が受けれると思ったらお得な気もしますね。

大手の会社だと「インクロム」「クリニカル・ボランティア・サポートパシフィックグローブ」「ニューイング」「ヒューマンリンク」などがあります。ほんと、無数の種類のモニターを募集しているので、自分に合ったものを選べば検査も受けられてお得なものを選びましょう。

ダラダラ稼いでると熱がさめちゃうよ!

ぼくが「海外留学に行きたい!けど金が…」って思ったとき、

「なにかやりたいと思い立っても、ある程度のお金がないとなにも出来ないから普段からお金は貯めとけよ!」

って高校生くらいのときに読んだ本に書いてあったのを思い出した覚えがあります。

まさにこのことか。。。とすごく後悔したのですが、本当にこれは正しいです。

幸い、ぼくは留学に行きたいという気持ちが冷めないうちにお金を貯めることができ、
さらに家族にもカンパももらいつつ、半年後くらいに無事カナダにワーホリすることができました。

あのままダラダラとお金が貯まらないまま1年とか過ごしていたら、きっと「まぁいっか」ってなってたかもしれません。

1回の人生のなかで「海外に行こう!」って心に決めるタイミングってなかなかないと思うんです。

その気持ちにちゃんと答えられるように日頃からしっかり準備(貯金)していくことが大事かなと思います。

では、良き留学費用貯金ライフを!

 

この記事を書いた人
やいと

カナダで嫁と子供2人で、まったり生活中。2006年ワーホリ経験者。在宅ワークのフリーランスです。
日本でWEB会社の会社員 → カナダでWeb会社の会社員 → カナダ永住権取得 → カナダでフリーランス。

カナダに留学、移住したい人たちのサポートを手伝ってます。無料でやってるんで興味がある方はメッセージください!

やいとをフォローする
ワーホリ・留学ワーホリ留学の費用
シェアする
CAMP

コメント

  1. […] 留学・ワーホリ前の貯金|お金が貯まるおすすめの仕事まとめ […]