カナダワーホリ留学でアルバイトを探す方法と働くメリット・デメリット【意外と稼げる?】

ワーホリ・留学

カナダにこれから留学やワーホリに行く方でアルバイトをする予定の人は多いと思います。

カナダでアルバイトは「Part time job」といいますが、日本でいう「アルバイト」とは違います。

日本では1日8時間、週5日働いていたとしても「アルバイト」は「アルバイト」で「正社員」ではありませんが、

カナダでは1日8時間、週5日働くと「Full time worker」として日本で言う「正社員」と同じ権利が与えられます。

 

日本語環境の場合

英語が話せない、苦手な人達は日本語環境で働くことになると思うのですがこの方法は簡単です。

JP CANADAと言われるカナダの日本人向けのWebサイトがあるので、そこでアルバイト募集の一覧があるので、そこ経由で募集するのが基本的な流れです。

仕事の見つけやすさで言えば「楽勝」といっても過言ではないと思います。今の日本語環境の職場は完全に「人手不足」な状態です。

なのでそうとうぶっ飛んだ人材で無い限りほぼ採用されます。なので、

[say img=”/images/avatar-04.png”]ワーホリに行く予定なんだけど、あまりお金がないからカナダに行ってすぐ働かないとだめかも[/say]

って人で仕事にこだわりが無い人は心配することはないと思います。全然アルバイトあります。

日本語環境で働くデメリット

英語が上達しない

当然かもしれませんが、カナダで日本語環境で働く場合は「英語の上達」は捨てるしかありません。どうやったって英語は上達しないと思います。

接客などで、英語が使えるから大丈夫っていわれるかもしれませんが、無理だと思います。接客で使う英語はほぼ決まってますし、残念ながらそんなもので英語は上達しません。。。

ブラックな環境が多い

これもとても悲しい現実なのですが、カナダの日本語環境の会社はブラックな環境が多いです。これも全てではない、と言いたいのですが「ほぼすべて」といってもいいと思います。残業代未払いに始まり、上司のパワハラなど、まあ「異国の中の小さな日本」に居るとおもってもいいと思います。

頻繁に募集をかけているところは、それだけ人が入れ替わってるということなので要注意かもしれません。

ですがもう一度いっておきますが、すべてではありませんので、安心してください。そういうところはなかなか空きがでないのですが。。。

都市部やリゾート地に集中している

日本人の経営しているお店やレストランはバンクーバーやトロントなどの都市部、バンフやウィスラーなどのリゾート地に集中してます。なので、田舎に留学やワーホリしたい、そして英語が話せないから日本人の環境で働きたいって人は注意が必要です。

英語環境の場合

せっかくカナダに来たのだから、英語環境のアルバイトをしたいですよね。

英語環境で働くには、当たり前の話ですが「英語が話せないと」話になりません。。。

ですがその英語のレベルは仕事内容によってバラバラです。

レストランやカフェの接客やキッチンでの調理アシスタンなんかはそこまで高いレベルの英語は必要ではありません。

日本で数ヶ月「オンライン英会話」でしっかり勉強しておけば、全く問題ないと思います。

また、同じレストランバイトでも日本語環境と英語環境ではかなり違います。もう一度、か・な・り違います!

レストランで働くのであれば、絶対に英語環境のレストランで働いてください!

カナダ人経営のレストランは当然のごとく残業代未払いは聞いたことありませんし、仕事環境もしっかりしています。

そのかわり働くときは働く、休むときは休むが徹底していて、人によっては日本語環境より大変と感じる場合もあるかもしれません。

しかし、せっかくカナダに来たのですから、、、しっかり事前に英語を勉強しておいてください!

プログラマー・エンジニアがおすすめ

また日本で「プログラマー・エンジニア」の勉強や仕事をしていた人たちも「オンライン英会話」で多少話せるようになっておけば、いいアルバイトが見つかると思います。

ぼくのおすすめはやっぱりプログラマーやエンジニアのバイトですね。

圧倒的に時給もいいし、労働環境もさきの「日本語環境」と比べると雲泥の差といっても過言ではないと思います。

日本語環境だとほとんどの場合はカナダの最低賃金(バンクーバーのBC州なら11.35ドル程度)しかもらえませんが、

プログラマ・エンジニアだとバンクーバーのエンジニアの平均年収が700万円程度かと思うのでそれに近い賃金がもらえます。

まとめ:カナダに来る前に事前に「英語」と「スキル」を身に着けて置いたほうが圧倒的にお得

といったように、カナダに来て日本語環境で酷使されるか、英語環境(北米のイケてる環境)で働くかは

カナダに来るまでにまだまだ時間がある方は「オンラインプログラミングスクール」などで事前にスキルを磨いて、

と同時に「オンライン英会話」で英語を勉強しておいてください。

ぶっちゃけ、初級の英語の勉強であればカナダでする必要はありません。

少し話せるようになってから、カナダに来て実践してみるのが一番です。

「英語なんてカナダに来たらなんとかなるでしょ」

と考える人もいると思いますが、半分正解で半分ハズレです。

なんとかはなると思いますが、初級クラスをクリアしてからカナダにくると成長スピードが全く変わってきます。

時間がある方は必ず事前に英語を勉強しておくことをおすすめします。

番外編:英語環境の仕事斡旋サービスを利用する

番外編として、カナダの語学学校のプログラムの中には、

「語学学校で勉強 + 英語環境の仕事の斡旋」が一緒になったプログラムもあります。

3ヶ月語学学校で英語を勉強して、6ヶ月英語環境のアルバイトをするプログラムです。

仕事の内容はカフェやホテルなどが多いようですが、

自分で仕事探ししても英語の仕事が見つかる保障はありませんので、このようなプログラムを利用すれば確実に英語環境で働くことができると思います。

「語学学校で勉強 + 英語環境の仕事の斡旋」プログラムは、ぼくもおすすめして紹介できますので、興味がある方はぼくの方までお問い合わせください。

[afbtn class=”oshi-btn”]無料で相談
「語学学校 + 英語環境の仕事紹介」プログラムについて相談する
[/afbtn]

 

 

この記事を書いた人
やいと

カナダで嫁と子供2人で、まったり生活中。2006年ワーホリ経験者。在宅ワークのフリーランスです。
日本でWEB会社の会社員 → カナダでWeb会社の会社員 → カナダ永住権取得 → カナダでフリーランス。

カナダに留学、移住したい人たちのサポートを手伝ってます。無料でやってるんで興味がある方はメッセージください!

やいとをフォローする
ワーホリ・留学ワーホリ留学の仕事
シェアする
CAMP