【1ヶ月35万円〜】カナダ短期留学の費用まとめ

ワーホリ・留学

カナダへの語学留学の簡単な方法といえばワーキングホリデーが有名ですが、短期で留学しに来たって人もかなりたくさん会います。

特にバンクーバーの夏はめちゃめちゃ過ごしやすく、日本も夏休みってこともあって多くの日本人がカナダに短期留学でもしてみようかな?って考えていたり、

1年間カナダにワーキングホリデーしてみたいけど、ひとまず1ヶ月くらい様子見も兼ねて留学してみようかなって人も多いハズ。

そんな人達の参考になればと思って、カナダの1ヶ月の短期留学費用をジャンルにまとめて見たいと思います。

まずは結論から。

1ヶ月の短期留学の節約プラン(航空券、学校すべて込み)

授業料が安い学校、基本自炊、でも旅行も行きたい、でも節約 。のプラン

1ヶ月:35万円以下

1ヶ月の短期留学の贅沢プラン(航空券、学校すべて込み)

いい学校、外食しまくり、旅行も行く、欲しいものは買う。のプラン(贅沢しようと思えば上限はありません。。。)

1ヶ月:60万円〜

 

ちなみに、1年間の留学費用もまとめてますので、興味がある方はこちらもチェックしてみてください。

カナダワーホリの費用【1年間のまとめ】使ったお金と稼いだお金
カナダワーホリの費用について 今カナダワーホリの費用ってどのくらいの感じで紹介されてるんだろうっとふと思って検索してみたんですが、 「カナダ 留学 費用」って検索したときにでてくる情報って留学エージェントや留学関係のメディアが書いた...

語学学校の費用

ナダに短期留学にくるからには、やっぱりどこか語学学校に通う人がほとんどかと思います。

政府が運営している語学学校:5万円程度/1ヶ月

僕もワーホリ自体に1ヶ月ほど通った経験があるのですが、政府がカナダ移民者向けに運営している語学学校(ESL)ってのがあります。

その学校は別に移民者じゃなくても、普通の留学生も通えます。授業料も午前か、午後の3時間のみだったら6週間で500ドル程度と他の学校に比べてもめちゃめちゃ安くなってます。

ですが、僕も通ってみたのですが、授業のクオリティはと言うと「。。。」と言わざるを得ません。先生も公務員的な待遇だと思うのですが、結構ダラダラと教える感じです。

クラスメイトも移民者向けの学校ということで、中国人のおばちゃんとかが結構多かったです。

ですが、この学校も入学前にレベルチェックみたいなのがあるんですが、英語上級者クラスになるとヨーロッパからの移民とかかなり多国籍な感じになってて、もし英語上級者なんであれば、結構おすすめできる学校だと思います。

普通(私立)の留学生向けの語学学校:4〜12万円程度/1ヶ月

こちらは、バンクーバーでも一番多いスタイルの語学学校です。

1ヶ月というよりも大体1週間2〜3万円みたいな感じで売られてます。期間が長くなれば長くなるほど割引されてお得になる感じですね。

こちらは先程の政府の語学学校と違って、生徒を獲得するために、各学校が熾烈な競争をしていますので、質の良い学校もたくさんあります。

もちろん、学校なので結構先生次第、ってところもあるのですが、おすすめの語学学校は時代とともに変化してますので、僕の知ってる(いろんな人達からの評判)範囲内でおすすめを伝えることはできると思います。ここで具体的に紹介してしまうと、あれなんで、、、知りたい方はお問い合わせください。

語学学校に通う期間なんですが、もし1ヶ月短期留学するのであれば、1ヶ月まるまる学校に行ってしまうのはあまりおすすめしません。

カナダ短期留学生ともお話する機会がちょくちょくあるのですが、滞在期間中すべて語学学校に通ってて後悔してる人が結構多いです。特に留学エージェント経由でくる人たちは、ガッツリと語学学校に通わされてますね。。。

語学学校へ通う期間は、滞在期間の半分程度におさめていたほうがいいように思います。せっかくカナダに来たのに学校ばかりだとつまんないですしね。

なので、1ヶ月の内、2週間安めの語学学校に行くなら2万円×2週間で4万円程度、高めの語学学校にガッツリ4週間通うなら、3万円×4週間で12万円ということになります。

大学やカレッジ附属の語学学校:13〜20万円程度/1ヶ月

こちらは先程の私立の語学学校とは違い、英語力がまだ不十分な生徒がその大学に進む準備のために用意された英語学習コースみたいな感じです。

これから大学入学を目指す生徒たちと一緒に英語を勉強できるだけではなく、大学のキャンパスライフも体験できたりします。

授業内容は、基本的には大学で勉強するための英語力というスタイルですので、私立の語学学校とはすこし雰囲気が違うかもしれませんが、生徒の本気度が違います。

こちらは先程の私立の語学学校と違って1週間だけとかのコースはほとんどないので、がっつり勉強したい人にはおすすめです。

さらに僕だけかもしれませんが、「大学 / カレッジの附属語学学校」って響きもいいですよね。笑

番外編:「あいのり」的なバスツアーで英語学習:500ドル/5日間

ある程度英語が話せたり、友人などと一緒に短期留学を考えているなら、語学学校などには通わずにバスツアーを複数「はしご」してみるのもいいかもしれません。

こんな感じでバスに揺られて10人〜20人程度のグループでロッキー山脈ツアーみたいなことをします。

僕も一度参加したことがありますが、まさに「あいのり」的な感じで5日間の日程をみんなでこなしていくって感じです。

1人でいくとやっぱりはじめは少し緊張するので、だれかと一緒にいくのがおすすめですが、フレンドリーな人が多く(とくに南米系)あっという間にみんな仲良くなったって感じでした。

国籍も様々でなかなかネイティブの英語を体験できる感じではないですが、英語のトレーニングにはもってこいでした。

2週間ほど語学学校にいったあと、これらのツアーに参加してみるのもいいかもしれません。

家賃

ホームステイ:7万円〜9万円

一昔前までのカナダの留学生の定番の滞在先のホームステイ。

ぶっちゃけぼくはこのホームステイはおすすめしません。

  • ホストファミリーの当たり外れが激しい
  • 出される料理にも当たり外れがひどい
  • カナダ人ホストは珍しい(カナダは移民の国です)
  • ホームステイして良かった!って話をほとんど聞かない。。。

とめちゃめちゃに言ってますが、ほんとうに良いホストファミリーは本当に家族のように扱ってくれて最高の体験ができるのですが、外れてしまったらもう最悪です。

せっかくのカナダ留学なので、そんなリスクは取らない方がいいのかなと個人的には思ってます。

シェアハウス:5万円〜7万円

個人的には一番おすすめなのがこのシェアハウスです。

昔はカナダ留学のステイ先といえばホームステイ一択、みたいなところがありました。でもぶっちゃけいいホストファミリーに当たるかは運次第って部分も多く、

日本でもシェアハウスが一般的になってきていて、抵抗感もないみたいなのか、近年ホームステイよりもシェアハウスに滞在したいって人が多いみたいです。

費用もホームステイよりも割安ですし。

ぼくの友人も3人くらいこのシェアハウスを運営しているのですが、やっぱり常に問い合わせがあるみたいで、基本的にはすべて満室状態のようです。

運良くいいシェアハウスが見つかったら、速攻予約することをおすすめします。

AirBnB:1泊 3,000円〜10,000円以上まで様々

最近短期でカナダ留学に来ている人でも最近よくかけるのが、このAirBnBを利用してる人たち。

先程のシェアハウスが個人的にはおすすめではあるのですが、短期ではなかなか貸してもらえなかったり、満室ばかりだったりってことで、最近はもっぱらAirBnBをおすすめしています。

費用の方は結構割高だなーって感じることが多いですね。同じ部屋のクオリティでシェアハウスとAirBnBとで比べてみると、やっぱりAirBnBのほうが高いなって感じです。

ですが、シェアハウスの一室をAirBnBで運営している物件も多いのか、住んでるスタイルはシェアハウス的なところが多くなってるみたいです。

また、昔はホームステイのホストファミリーをしてたけど、運営方法をAirBnBに変えたっていう元ホームステイも多いような気がします。たぶん食事とか用意するのがめんどくさくなったのかな。。まあ、ホームステイの食事はほとんどいい話を聞かないのでこちらのほうがいいのかなと思いますが。。。

これはもう物件次第なので、自分たちで探してみるしかないと思います。

食費

外食:1食 1000円〜4000円くらい (8万円/月)

外食については、日本よりもかなり高くつくのは間違いないです。

ショッピングモールのフードコートだと1食1000円くらい。フードコートだとチップを払うことがないので、お手頃です。もちろん払って上げてもいいですが…

普通のレストランで食事するのであれば、チップ(食事代の10-15%程度)も入れて1食2000円くらいからでしょうか。

お酒も飲んだりすると大体一人4〜5000円くらいは覚悟しておいたほうがいいと思います。

またTO GOといってほとんどのレストランはテイクアウトも可能なのでその場合もチップを払わないのでちょっと安いですね。もちろんもちろん払って上げてもいいですが…

自炊:1食 300円〜(3万円/月)

逆に一番安く上がるのがやっぱり自炊ですね。

ぶっちゃけ、カナダはある程度の値段を出さないと美味しいものにありつけません。。。自分で作ったほうが美味しいじゃんって場合も多いです。

ステーキ用の肉がめちゃめちゃデカかったり、あまり見たこと無い野菜が売ってたり、謎の調味料やソースが売ってたりと、スーパーには色々そそられるものがたくさん売ってるので、せっかくなのでカナダにある食材でいつもの料理を作ってみても面白いと思います。

米とか肉とか野菜は日本よりも安いものもたくさんあると思います。

その他

航空券:8万円くらい

だいたい往復でこのくらいでしょうか。こちらはシーズンや購入時期によって変動するかと思います。

携帯電話:5000円

1ヶ月契約してすぐにキャンセルすることも可能ですし、

現地でプリペイドのSIMを購入することもできます。

今だと日本で借りて持っていくってのもありますね。

交通費:1万円

カナダはバスと電車で大体どこでもいけます。1ヶ月の乗り放題の定期券が大体1万円くらいです。

タクシーなども日本よりも少しやすいと思います。

海外旅行者保険:1万円

こちらもこのくらいが相場でしょうか。自分にあった保険に加入してください。

現地で入れる安い保険もありますが、1ヶ月の滞在だと、日本で入ってくるほうがおすすめです。

その他雑費:2〜3万円

観光地の入場料だとか、ちょっとしたお土産なんかも欲しいところですよね。

まとめ

カナダ短期留学の費用をジャンル別にまとめて見ましたがどうだったでしょうか?

1ヶ月の短期留学の節約プラン(航空券、学校すべて込み)

授業料が安い学校、基本自炊、でも旅行も行きたい、でも節約 。のプラン

1ヶ月:35万円以下

1ヶ月の短期留学の贅沢プラン(航空券、学校すべて込み)

いい学校、外食しまくり、旅行も行く、欲しいものは買う。のプラン(贅沢しようと思えば上限はありません。。。)

1ヶ月:60万円〜

 

込み込みでいくら!ってプランもよく見かけますが、もう今は自分で全部ネットで調べられる時代ですし、

込み込みプランってなんか旅行のパッケージプランみたいで、全然魅力を感じないのはぼくだけでしょうか。

自分で色々調べて、決めていくところから留学って始まってると思います。

丸投げプランに頼らず、自分好みのカナダ留学を楽しんでください!

 

 

1年間の留学費用もまとめてますので、興味がある方はこちらもチェックしてみてください。

カナダワーホリの費用【1年間のまとめ】使ったお金と稼いだお金
カナダワーホリの費用について 今カナダワーホリの費用ってどのくらいの感じで紹介されてるんだろうっとふと思って検索してみたんですが、 「カナダ 留学 費用」って検索したときにでてくる情報って留学エージェントや留学関係のメディアが書いた...
この記事を書いた人
やいと

カナダで嫁と子供2人で、まったり生活中。2006年ワーホリ経験者。在宅ワークのフリーランスです。
日本でWEB会社の会社員 → カナダでWeb会社の会社員 → カナダ永住権取得 → カナダでフリーランス。

カナダに留学、移住したい人たちのサポートを手伝ってます。無料でやってるんで興味がある方はメッセージください!

やいとをフォローする
ワーホリ・留学ワーホリ留学の費用
シェアする
CAMP